• ねこのしっぽロゴ
  • 入稿する!

  • 入稿〆切
    優遇イベント合わせの〆切

    優遇イベント合わせの〆切

    優遇イベントとして登録されている「イベント会場への直接および宅配での搬入」の場合の〆切です。

    基本的に書店や自宅への宅配納品の場合は、イベント開催と同日以降の納品となります。出来次第発送する場合もありますが、日付の保証は出来ません。確実にイベント開催日までに納品希望の場合は「通常イベントおよび自宅 / 書店宅配納品の〆切」でご入稿ください。

    掲載されている各〆切日は、各ぱっくオプションなしの基本仕様の場合です。使用するオプションによっては〆切が変わる場合がありますので、事前にご確認の上、ご入稿ください。

    ・・・・・・・

    優遇イベント

    通常イベントおよび宅配納品の〆切

    通常イベントや宅配納品の〆切

    優遇イベント以外のイベントへの納品や、イベント合わせではないご自宅への宅配・書店のみの納品等の〆切です。

    イベント会場まで宅配便搬入等ご利用の場合、当社からの発送日が納品日になります。イベントによって会場への宅配便搬入の発送日や到着期間が指定されていると思いますが、その場合当社からの発送日から起算して〆切を決定することになりますので、ご注意ください。

    掲載されている各〆切日は、各ぱっくオプションなしの基本仕様の場合です。使用するオプションによっては〆切が変わる場合がありますので、事前にご確認の上、ご入稿ください。

    ・・・・・・・

    通常入稿


  • 印刷メニュー&料金表
  • お問い合わせ

  • ねこのしっぽオリジナルコンテンツ

    ねこ専務の『毎日が東急線』

    ねこのしっぽ自転車部 NSBC

▼ この記事をツイートする ▼

・・・・・・・・・










「ねこのしっぽ防衛戦!」
ねこのしっぽにゴジラ襲来!

ねこのしっぽを守れ!「タマ」作戦発動!?

 7月公開の映画「シン・ゴジラ」はご覧になりましたか?この映画の中でゴジラは武蔵小杉を通過し、多摩川を挟んで待機する自衛隊の迎撃を受けます。映画公開直後から、「ねこのしっぽは無事なのか?」「ゴジラに踏まれたのでは?」という声が多数寄せられたため、映画の撮影に使われたと思われる地点から、実際に検証してみることにしました!

内容的に映画のネタバレ要素を多少含みますので、ご注意ください。

    まずは位置を確認しましょう

     ねこのしっぽは、迎撃作戦の舞台となった武蔵小杉の近く、東急東横線と多摩川に挟まれた地点にあります。自衛隊が陣地を展開したのは多摩川を挟んでちょうど反対側の河川敷一帯。さっそく向かってみることにしましょう。

    現場の視察にやってきました!

     10式戦車が配備されていたのがこのあたり。左の地図の「多摩川丸子橋緑地」のアイコン付近です。映画では何もない河川敷を戦車が走り回りますが、実際には遊具や植え込み、遊歩道などがあります。作戦に備えて撤去されたのでしょうか?
     ちなみに正面に見える青い橋が、劇中ではゴジラによって破壊されてしまう「丸子橋」です。


  •  その丸子橋から見た、多摩川浅間神社一帯。自衛隊の現地司令部が置かれた場所ですね。橋げたが丸ごとあの場所まで飛んでいってしまうのですから、ゴジラの力の凄さが想像できるというものです。


  •  多数の砲弾を浴びながらゆっくりと進むゴジラを写した遠景のシーンがこちら。左の地図の「グラウンド」のアイコン付近です。画面右端の尖った建物の少し奥に、ねこのしっぽがあります。
     ……思いっきり通り道ですね。

    (マウスオーバーで写真に何かが現れます)



  • 結論:ねこのしっぽ、ゴジラの襲撃をまともに食らう。

    おまけ

     地図を見てもわかるように、戦車が配備されていた河川敷のすぐ南側には新幹線や横須賀線・湘南新宿ラインが走っており、丸子橋とあわせて東京と神奈川を結ぶ交通の要衝になっています。そして、武蔵小杉の高層マンションはさらに増える模様。

  •  さきほどの「グラウンド」の地点から見た高層マンション群。写真にも写っている「武蔵小杉タワープレイス」には、「ねこのしっぽFM放送局」の生放送が行われる「かわさきFM」のサテライトスタジオが入っています。

    「シン・ゴジラ」、IMAXで堪能してきました!

     8月下旬、ねこのしっぽ従業員を中心としたメンバーで「シン・ゴジラ」を鑑賞してきました!
     映画を堪能したあとは、みんなで食事をしつつ、ゴジラ(&庵野監督)談義に花を咲かせました。

    ←鑑賞した映画館の入口横で記念撮影をする、テンション上がった社員たちの図