◎ データ原稿の描き方 ◎

入稿厳守事項

●高品質なシルバーデジプレート出力と、低価格・短納期を両立させるために以下の条件を厳守してネ。

ねこのしっぽではデータ入稿率が高いからこそ、安定したファイル形式をオススメし、ある意味フォーマット統一することでそれを実現させているんです。十分納期に余裕がある場合ならともかく、それ以外のソフトウェア&ファイルフォーマットは無責任にOKはしていないんです。PhotoshopEPS / PSD画像として600dpiでラスタライズ処理がされていれば画質的にも十分ではないかと思います。

データ形式

●[適正解像度]

・カラーは350dpi
・グレースケールは350〜600dpi
・2値は600 もしくは 1200dpi

●[画像のサイズ]

《B5本 / A5本 / A4本の画像サイズ》

・B5:188mm×263mm(3mm大きめ)または 192mm×267mm(5mm大きめ)
・A5:154mm×216mm(3mm大きめ)または 158mm×220mm(5mm大きめ)
・A4:216mm×303mm(3mm大きめ)または 220mm×307mm(5mm大きめ)
※大きめに作った部分(タチキリ)は、製本時に切り落とされてしまいます。重要な絵やセリフは仕上りサイズよりも5mm以上内側に描くようにしてください。

《表紙を1枚続きで作成する場合》

・B5:370mm×263mm(3mm大きめ)または 374mm×267mm(5mm大きめ)
・A5:302mm×216mm(3mm大きめ)または 306mm×220mm(5mm大きめ)
・A4:426mm×303mm(3mm大きめ)または 430mm×307mm(5mm大きめ)

※上記サイズに背表紙の厚み(背厚/背幅)を加えたサイズで作成します(忘れやすいのでご注意!)。
 背幅の目安は下記の【背幅簡易計算フォーム】で計算できます。ご参考ください。

【背幅簡易計算フォーム】
表紙用紙
本文用紙
ページ数 ページ(表紙 4P+本文の合計)
カラー口絵 片面  両面  ページ
この仕様で必要な背幅は です。

《本文見開き原稿を作成する場合の注意》

無線綴じ製本の場合、本の構造上どうしても綴じ口(ノド側)の絵が見えにくくなります。
ノド側10mm程度には重要なセリフを書かない、見開きページの中央に顔を描かないなど、構図に気をつけて原稿を作成してください。中綴じの場合はページが完全に開くため、仕上り線で絵が繋がるように原稿を作成すればOKです。

●[ファイル保存形式]

Photoshop EPS形式(EPSファイルであっても「DCS形式」/「DCS2.0形式」の形式の方がいて困っています。当社「DCS形式」/「DCS2.0形式」は出力できません。Photoshop DCSのEPSとPhotoshop EPSは間違いやすいのでご注意下さい。)

Photoshop(PSD)形式(全てのレイヤーを統合し、CMYKまたはRGB以外のチャンネルは削除してください。)

図解:画像解像度

●解像度は pixels/inch です。たまに pixels/cm になってることがあります。とくにカラー表紙では表紙・裏表紙を合わせてEPS保存時、100MBを超えているようなら要チェック!!

●初め低解像度で作成して、後から変更しても後の祭り…ってことになりますので初めから350pixels/inch以上で作るように心がけましょう。

表紙・本文ともトンボはなくてもOK!

●サイズがきちんとしていれば画像サイズのセンターを中心にして面付けいたします。だから画像の解像度・サイズは絶対に間違えないようにしてくださいねっ!

表紙カラーデータ

●表紙カラーデータは、CMYK形式(JapanColor2001Coated)または RGB形式(AdobeRGB)。
※2008年9月より広域色インクを使用することにより、RGB入稿にも対応しました!RGBプロファイルはAdobeRGB。sRGBではないのでカラー設定をご確認ください。【⇒広域色インクについて】 【⇒RGB形式(AdobeRGB)について】

図解:EPSオプション(フルカラー)

●保存形式は"PhotoshopEPS"または"Photoshop(PSD)"形式。プレビューは"Macintosh 8bit/pixels"または"TIFF 8bit/pixels"

●エンコーディングは"バイナリ"にしてください。カラーは圧縮しないでバイナリに。アスキー形式はファイルサイズが巨大になるからやめた方が…。

本文1色データ

●コミスタ4使用時の注意点は【コミスタ4をお使いの方へ】をご覧ください。

[グレースケール時のオプション]
●本文1色データは、グレースケール推奨。(2値はモアレが発生しやすいので画像作成前に十分にご注意を!)

図解:EPSオプション(グレースケール)

●保存形式は"PhotoshopEPS"または"Photoshop(PSD)"形式。プレビューは"Macintosh 8bit/pixels"または"TIFF 8bit/pixels"。

●EPS保存時のエンコーディングは"JPEG-最高画質(低圧縮率)"にしてください。

EPS保存のオプション。本文グレースケールではエンコーディングをJPEG(最高画質)にするとファイルサイズが小さくなります。

[2値時のオプション]
●プレビューで8bit/pixelsを使用しているのは出力レイアウト時に確認しやすくするためです。

図解:EPSオプション(2値)

●2値ファイルは1bit/pixels・バイナリ形式でOK。

●画像ファイル名はページ番号がわかるように。(ファイルは1ページずつ作成してください)分かりやすいのは3桁くらいにして003.eps、004.eps、のようにすればページが多くなってもきちんとページ順にファイルソートできます。画像内の印刷に出る範囲内に全ページにノンブル(ページ番号)を必ず入れてください。入っていない原稿ファイルは受付できません。

図解:ハーフトーンスクリーン

●2値の本文用データファイルを出力すると、モワレ(干渉縞模様)が出てしまったとか、見苦しいこともあります。でも2値ファイル作成時に角度を指定してあるため入稿後ではどれだけ技術力があっても修正不可能なこともある…。元データで作成時に気をつけるしか方法がないんですよね。PowerTone等、2値のアミ点の角度を変えて貼り込めるPhotoshopプラグインツールがありますが、45°で統一しないとキケンだだだっ☆ これ結構重要です。

●原稿の描き方は【白黒原稿の描き方】をみてください。

●コミスタ4使用時の注意点は【コミスタ4をお使いの方へ】をご覧ください。

その他 注意事項

●EPS保存ができない時:
不要なチャンネル(マスク等)がないか、レイヤー統合済みか確認してみましょう。(時々マスク用のアルファチャンネルが残ってたりするんですよ)

●フォント情報がある場合は画像化する:
データ入稿用ファイルは画像の中にフォントがあるようでしたら、必ずラスタライズしてください。

コミックスタジオをお使いの方へ

コミックスタジオ、通称コミスタを使用して原稿を作成している場合、EPS書き出しが出来ません。コミスタの作業後にPhotpshopで作業する場合はPSD形式で書き出して、Photoshop上でEPS形式に保存してください。また、Photoshopを持っていない、使用しない場合等の理由でEPS書き出しが難しい場合はBMP形式で書き出してご入稿ください。

●下記の記事も参考にしてください。

コミックスタジオ4をお使いの方へ

サイズ選択時の注意について(ねこ社員の部屋2010年10月9日の記事内)

Word等のワープロ系ソフトをお使いの方へ

ページを分けましたのでそちらをご覧ください。【 ⇒ PDFでの入稿について

Illustrator・PageMaker・QuarkXPress等のソフトをお使いの方へ

●Illustrator・PageMaker・QuarkXPress等のソフトをご利用の場合トラブルが多く発生しています。アウトライン作成後EPS保存し、必ずPhotoshopでラスタライズ処理を行い、PhotoshopEPS形式ファイルのみにてご入稿ください。他の形式の場合にはお引き受けできかねます。