ねこのしっぽロゴ

◎ データ原稿の描き方 ◎

入稿厳守事項

●高品質なシルバーデジプレート出力と、低価格・短納期を両立させるために以下の条件を厳守してネ。

ねこのしっぽではデータ入稿率が高いからこそ、安定したファイル形式をオススメし、ある意味フォーマット統一することでそれを実現させているんです。十分納期に余裕がある場合ならともかく、それ以外のソフトウェア&ファイルフォーマットは無責任にOKはしていないんです。Photoshop画像として600dpiでラスタライズ処理がされていれば画質的にも十分ではないかと思います。

紙の本をつくるための基礎知識

1. ページ数は偶数で!奇数では本になりません(汗)

意外と皆さん忘れがち。紙には裏表がありますから、原稿も表用と裏用の2枚必要です。
つまり・・・奇数のページ数では本になりません!(ナンダッテー)
あと、無線綴じは2ページ単位、中綴じ折綴じは4ページ単位で、ページ数が増減する点もご注意ください。

2. 総ページ数には表紙も含みます

本文のページ数に表紙(表紙・裏表紙、その裏側)の4ページを加算したページ数でお申し込みください。

3. 綴じ方いろいろ

【無線綴じ】表紙の内側に対して、線(針や糸)を使わず糊で接着する綴じ方。背に対して直角に本文用紙を接着するため物理的に180度まで全開にすることはできません。そのため見開き絵の多い画集等は中綴じがお薦めです。また少ページ(ねこのしっぽでは20P未満)には適しませんが大ページの本でも製本ができます。

【中綴じ】4P単位で印刷した本文を表紙と共に針金で綴じたもの。週刊誌等でよく見られます。ページのノド側まで180度開けられるため、画集・写真集に最適。針金の貫通力に限界があるためページ数の多い本(ねこのしっぽでは40P以上)には向きません。

【折綴じ】厚めの表紙用紙のない、本文用紙のみで中綴じ製本したものを折綴じ本と呼んでいます。

4. 右綴じ と 左綴じ について

本の右側を綴じているのが「右綴じ」。縦書きの小説本などがこちら。
本の左側を綴じているのが「左綴じ」。洋書など本文が横書きの場合や、技術書などはこちら。

データ形式

●[推奨解像度]

・カラーは350dpi
・グレースケールは350dpi 〜 600dpi(アミ点を使用している場合は600dpi)
・2値は600 もしくは 1200dpi(オンデマンド印刷は600dpi推奨)

・上記は同人誌原稿の適正解像度となります。グッズについては素材によって適正な解像度が異なりますので、
 各グッズのページをご確認下さい。

●[画像のサイズ]

《B5本 / A5本 / A4本の画像サイズ》

・B5:188mm×263mm(3mm大きめ)または 192mm×267mm(5mm大きめ)
・A5:154mm×216mm(3mm大きめ)または 158mm×220mm(5mm大きめ)
・A4:216mm×303mm(3mm大きめ)または 220mm×307mm(5mm大きめ)
※大きめに作った部分(タチキリ)は、製本時に切り落とされます。重要な絵やセリフは仕上りサイズよりも5mm以上内側に描くようにしてください。

《表紙を1枚続きで作成する場合》

・B5:370mm×263mm(3mm大きめ)または 374mm×267mm(5mm大きめ)
・A5:302mm×216mm(3mm大きめ)または 306mm×220mm(5mm大きめ)
・A4:426mm×303mm(3mm大きめ)または 430mm×307mm(5mm大きめ)

※上記サイズに背表紙の厚み(背厚/背幅)を加えたサイズで作成します(忘れやすいのでご注意!)。
 背幅の目安は下記の【背幅簡易計算フォーム】で計算できます。ご参考ください。

【背幅簡易計算フォーム】  
表紙用紙
本文用紙
ページ数 ページ(表紙 4P+本文の合計)
カラー口絵
コート紙110kgで計算
片面  両面  ページ(本文のページ数とは別カウント)
この仕様で必要な背幅は です。

※ 製造された時期や機械の特性などにより同じ銘柄の紙でも厚みには多少の誤差があります。
※ 上質やコートなどの密度の高い紙でページの薄い本を作るとプラス側に誤差が出ることがあるようです。
※ ソフトバルキーなどのフカフカした紙でページの厚い本を作るとマイナス側に誤差が出ることが多いようです。

《本文見開き原稿を作成する場合の注意》

無線綴じ製本の場合、本の構造上どうしても綴じ口(ノド側)の絵が見えにくくなります。
ノド側10mm程度には重要なセリフを書かない、見開きページの中央に顔を描かないなど、構図に気をつけて原稿を作成してください。中綴じの場合はページが完全に開くため、仕上り線で絵が繋がるように原稿を作成すればOKです。

原稿のサイズ合わせに便利なテンプレートもご用意しています!ぜひご活用ください→こちら

●[ファイル保存形式]

Photoshop(PSD)形式(全てのレイヤーを統合し、CMYKまたはRGB以外のチャンネルは削除してください。)

図解:画像解像度

●解像度は pixel/inch です。たまに pixel/cm になってることがあります。とくにカラー表紙では表紙・裏表紙を合わせて100MBを超えているようなら要チェック!!

●初め低解像度で作成して、後から変更しても後の祭り…ってことになりますので初めから350pixel/inch以上で作るように心がけましょう。

表紙・本文ともトンボはなくてもOK!

●サイズがきちんとしていれば画像サイズのセンターを中心にして面付けいたします。だから画像の解像度・サイズは絶対に間違えないようにしてくださいねっ!

カラーデータ

●カラーデータは、CMYK形式(JapanColor 2001 Coated or 2011 Coated)または RGB形式(sRGB / AdobeRGB)。
※ RGBデータについては、RGBプロファイルが埋め込まれている場合、お客さま自身で埋め込まれたプロファイルをそのまま使用して作業します。
※ RGBプロファイルが埋め込まれていない場合、一般的な作成ソフトの標準設定の「sRGB」を指定して作業します。

1色データ

●コミスタ4使用時の注意点は【コミスタ4をお使いの方へ】をご覧ください。

[グレースケール時のオプション]
●1色データは、グレースケール推奨。(2値はモアレが発生しやすいので画像作成前に十分にご注意を!)

●画像ファイル名はページ番号がわかるように。(ファイルは1ページずつ作成してください)分かりやすいのは3桁くらいにして003.psd、004.psd、のようにすればページが多くなってもきちんとページ順にファイルソートできます。画像内の印刷に出る範囲内に全ページにノンブル(ページ番号)を必ず入れてください。入っていない原稿ファイルは受付できません。

[カラー/グレースケールから モノクロ2値への変換]
●ねこのしっぽはグレースケールでの入稿が出来るので、カラーイラストを単色に変換する場合はグレースケール変換が望ましいのですが、モノクロ2値に変換したいなら Photoshopの場合、イメージ > モード > モノクロ2階調... の「ハーフトーンスクリーン...」を利用することで、トーン化した2値原稿に変換できます。

図解:ハーフトーンスクリーン

でも2値ファイル作成時は設定に気をつけないと、原稿全体がモアレてしまいます。特に「角度」のところは 45°で統一しないとモアレる恐れが大です。これ結構重要です。

●原稿の描き方は【白黒原稿の描き方】をみてください。

●コミスタ4使用時の注意点は【コミスタ4をお使いの方へ】をご覧ください。

その他 注意事項

●フォント情報がある場合は画像化する:
入稿の際はテキストレイヤーをラスタライズの上、【画像を統合】してください。

●未統合のファイルも残しておこう!
【画像を統合】したファイルは、万が一修正が必要になったときに、手直しが大変です。入稿用のファイルは別名で保存し、元のデータは統合せずに残しておくことを強くオススメします。

クリップスタジオ/コミックスタジオをお使いの方へ

クリップスタジオ(クリスタ)またはコミックスタジオ(コミスタ)を使用して原稿を作成している場合、PSD形式で書き出してご入稿ください。

●下記の記事も参考にしてください。

CLIP STUDIOを使ってみよう

コミックスタジオ4をお使いの方へ

サイズ選択時の注意について(ねこ社員の部屋2010年10月9日の記事内)

その他のお絵かきソフト、デザインアプリをお使いの方へ

どのようなアプリを使用される場合でも、画像のサイズと解像度には十分ご注意ください。

PSD形式のファイル書き出しに対応している場合は、PSD形式で書き出したファイルをご入稿ください。
PSDで書き出せない場合、PNG・BMP形式でのご入稿もお受けいたします。

最近利用者の増えてきた「Canva」についてページを分けました。【こちら】をご覧ください。

スマートフォンやタブレットでお絵かきをされている方は、【こちら】のページもご覧ください。

小説や評論など、文字主体の同人誌をWord等で作成される方へ

ページを分けましたのでそちらをご覧ください。【 ⇒ PDFでの入稿について

Illustrator・PageMaker・QuarkXPress等のソフトをお使いの方へ

●Illustrator・PageMaker・QuarkXPress等のソフトをご利用の場合トラブルが多く発生しています。アウトライン作成後、必ずPhotoshopでラスタライズ処理を行い、Photoshop(PSD)形式にてご入稿ください。他の形式の場合にはお引き受けできかねます。

TOPに戻る
お困りの方はこちらをクリック!
受付までの道順案内

〒211-0001
神奈川県 川崎市 中原区
上丸子 八幡町 816(受付)

☎ 044-430-3767

cat@shippo.co.jp

【営業時間】12:00〜18:00

【休業日】
 日・月曜 または日・祝日
(下のカレンダーでご確認ください)

営業日のご案内

※赤色が休業日です。 (日曜・月曜・祝日は定休)

■ 臨時休業日 
8月12日(金)~13日(土) 16日(火)

7月18日(月) 8月1日(月) 7日(日) 8日(月) 11日(木)
営業いたします。

  • 2022年 7月】
  • 2022年 8月】
  • 26 27 28 29 30 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 1 2 3 4 5 6
  • 31 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 1 2 3